目の下のくまの原因と治し方(取り方)と、くまを隠すメイク方法

目のくま

目の下のくまって少し夜更かししたり、疲れたりするだけで簡単に出来てまうのに、治すとなるとなかなか難しかったりするものですよね。

そこで目の下のくまの原因や治し方(取り方)や、くま隠しのメイク方法などをまとめてみようと思います。


目の下のくまの原因と治し方

目の下のくまは大きく分けて茶ぐま・青ぐま・黒ぐまの3つに分けられるのですが、それぞれ原因が違ってきますので、それぞれも原因をまとめてみたいと思います。

茶ぐま

茶ぐまの原因

茶ぐまは紫外線を受けたダメージに加えて、目をこすってしまったりすりことにより、色素沈着を起こしたものになります。また、アトピー性皮膚炎・化粧品によるかぶれや落とし忘れの汚れなどが原因にもなってきます。

茶ぐまの治し方

最近は美白効果のあるビタミンCやビタミンEなどが入ったコスメがたくさん販売されていますので、その様なコスメを日ごろから使うようしましょう。またビタミンCやビタミンEなどは、食材でもとっていただくことができるので食生活も見直してみてください。

青ぐま

青ぐまの原因

目の周りの毛細血管が滞り、目の周りの皮膚は薄いため毛細血管が透けてしまい青っぽく見えてしまうことをいいます。冷え・生活習慣の乱れ・ホルモンバランスの乱れ・睡眠不足・ストレス・疲れなど原因はたくさんあるのですが、一般的に1番皆さんが経験されたことのあるくまの種類だと考えられます。

デスクワークなどの仕事でパソコンを毎日使われている方などは経験されている方が多いのではないでしょうか。

青ぐまの治し方

血流を良くするためにマッサージ・ホットアイマスク・蒸しタオル・ホットパックなどを使ってみましょう。注意していただきたいのは、マッサージされる際にあまりきつくならない様にしないと、目の周りの皮膚は薄いので逆に色素沈着を起こしてしまい茶ぐまの原因となってしまいます。

また私からの個人的な意見なのですが、マツエクをされている方はあまりホットアイマスクや蒸しタオルの使用は、マツエクに繊維が付いてしまったり、マツエクが取れてしまったりするのでおすすめできません。マツエクされている方には、目の下だけのパックなどを使用されることをおすすめします。

黒ぐま

黒ぐまの原因

生まれつき目の下の脂肪が少なかったり、加齢により目の周りの脂肪が少なくなった垂れてきたりすることにより、皮膚がへこんでしまい陰ができてしまい、その陰がくまに見えてしまうことをいいます。

黒ぐま

黒ぐまは陰が出来ているだけですので、メイクなどで隠せれるものでもなく、その陰の原因となっているへこみを治してあげなくてはいけません。へこんだ部分にヒアルロン酸の注射を注入したりしていただく他に直し方はないので、皮膚科や美容専門科に相談してみてください。

子供さんの場合

子供さんの目の下にくまが出来てしまった場合、ゲームをさせすぎていないか・夜更かしさせてしまっていないか・ビタミン不足になっていないかなどを親御さんが気をつけて見てあげてください。

子供のうちに出来てしまったくまをそのままにしておくと、大人になってからでは治しにくくなってしまいます。ゲームや睡眠不足は特にくまの原因となってしまうので注意してあげて下さいね。

くまを隠すメイク方法

くまを隠すにはまずファンデーションなどよりも、ファンデーションを塗るまでの過程が重要になってきます。

私の目の下のくまの隠し方を紹介したいと思います。

  1. 化粧をして時間が経ったときに白浮きやメイク割れにならないように、化粧水・乳液・美容液をきちんと使っていただき、出来れば安いもので全然OKですのでパックまでしていただけると保湿効果があがるのでより一層効果的です。
  2. そしてそのあと下地を塗ります。(SPFの入っているものだと紫外線予防にもなるのでおすすめです)
  3. 自分の肌に合った色のリキッドファンデーションを塗ります。
  4. 次のコンシーラーが1番重要になってくるのですが、コンシーラーを塗るのではなくたたく様にして、目の下のくまを隠してください。(スティックタイプはファンデーションを上から塗ったときに浮いてしまう可能性が高いのでリキッドタイプのコンシーラーを使用していただくことをおすすめします)
  5. 1度ティッシュで余分についてしまったもの・浮いているものなどを取ります。(この時拭き取るのではなく、顔にティッシュを押さえつけるようにしてください)
  6. ファンデーションを塗ります。(この時パフなどではなく、メイク用の筆を使用されることをおすすめします)
  7. 涙袋を作る白いハイライトを目の下に薄く塗って完成です。

病院(皮膚科)に行ったほうがいいケース

上記にも書いてあるように黒ぐまの場合はヒアルロン酸の注射を打っていただかないといけないので皮膚科に行くようにしてください。

また美白効果のあるコスメなどを使用された際に、もしも肌に合わなくて肌荒れなどを起こしてしまった場合のすぐに使用するのをやめて病院に行くようにしてください。

まとめ

私の家は飲食店をしていて小さい頃から両親が仕事が終わるのを起きて待っていたり、物心付いた頃には手伝いをしたりしていて夜遅くまで起きていることが多かったので、小さい頃に出来てしまったくまを治せずにいます。

色々試してみましたが全て治しきることは出来なかったので、なるべく小さい頃から夜更かしさせないようにしてください。

シミ・クマをひと塗りで簡単カバーするコンシーラー

Sponsored Link













カテゴリ―で探す

累計販売で10万台突破!!

★なでしこ健康生活 公式サイトオリジナル特典★

渡辺満里奈さん(タレント)、吉良さおりさん(ベジタリアン雑誌Veggy編集長)、木下あおいさん(インナービューティープランナー)、小松 和子さん(オーガニックコスメの第一人者)、未希さん(モデル)、マリエスタさん、池田 清子さん(アスリートフード研究家)、池田 祐樹さん(マウンテンバイクプロライダー)、干場 義雅さん(ファッションディレクター)もご愛用。
  • 【生きている玄米5kg(5000円相当)プレゼント】
  • 【なでしこ健康生活「オリジナルレシピガイドブック」プレゼント】
  • 【酵素玄米専用オリジナル雑穀「玄米酵素ブレンド150g」プレゼント】
  • 【天然塩「佐渡のみしお50g」プレゼント】
  • 【書籍「はじめての酵素玄米」または「玄米のエビデンス」プレゼント】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。